損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は、2017年12月末時点において、保有契約件数が400万件を突破したと発表しました。また、同社主力商品である医療保険「新・健康のお守り」シリーズの申込件数も、累計で100万件を突破したということです。

同社は、1993年に保障期間が終身の医療保険を開発し、2014年5月には「新・健康のお守り」を発売、2015年4 月には引受基準を緩和した「新・健康のお守り ハート」を発売しました。さらに2017年4月より、「新・健康のお守り」に付加できる「介護一時金特約」、同年11月より「医療用入院一時金特約」と「医療用通院特約」を販売しています。このように、社会環境の変化や顧客の様々なニーズに合わせ、商品やオプションを充実させてきたことが、保有契約400万件達成および「新・健康のお守り」シリーズの申込件数100万件の達成につながったのだろうということです。