損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、全国約300箇所(約1万席)の保険金サービス拠点において、NTTコミュニケーションズ株式会社が構築する音声認識技術を活用した「AI音声認識システム」を、2018年2月1日から導入すると発表しました。

システムを構築したのはNTTコミュニケーションズで、主な機能は以下の通りです。
(1)契約者との通話内容をリアルタイムかつ高精度で音声データ化し、さらにテキストデータ化します。
(2)データ化した音声から、キーワードによる音声抽出や再生を行い、「NGワード」登録によるアラート、リアルタイムモニタリング、感情分析機能による応対品質の分析を行います。

システム導入により、損保ジャパン日本興亜は、業務効率化や電話対応の品質向上につなげるほか、音声・テキストデータを蓄積して分析・活用し、品質・効率の向上を目指すためのAI開発に着手するということです。