CYBERDYNE株式会社と損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、革新的サイバニクス技術*とリスクファイナンスの融合による、健康で豊かな社会システムの構築を目的とした包括的業務連携に関する協定を、2017年10月25日に締結したと発表しました。

CYBERDYNE社は、世界初のサイボーグ型ロボット「HAL(R)」を開発するなど、人とロボットと情報を融合複合したサイバニクス技術によって超高齢社会が直面する課題の解決に取り組んでいます。また、損保ジャパン日本興亜は、損害保険事業を中心に、介護やヘルスケアに関する事業を展開し、「安心・安全・健康」な社会を目指しています。 両社は、CYBERDYNE社の技術と損保ジャパン日本興亜社のサービスを融合させ、重症者・重介護者を低減し、健康で豊かな社会システムの構築に貢献するため、今回の包括的業務連携に合意することとなりました。

同社プレスリリースによれば、主な取組み内容は以下の通りです。
(1)サイバニクス技術を活用した次世代型介護福祉サービスの提供
(2)企業、健康保険組合等を通じたサイバニクス技術を活用した次世代型健康増進サービスの提供
(3)外傷等により重症となった損害保険の契約者(被保険者)に対する次世代型自立促進サービスの提供
(4)自動車運転者に対するサイバニクス技術を活用した新しいサービスの提供
(5)上記(1)から(4)に関連するサイバニクス技術とリスクファイナンスの融合

*サイバニクス技術:人・ロボット・情報系が融合複合した【サイバニクス】という新領域の技術。医療、介護福祉、生活(職場環境を含む)分野を対象として、人と情報系とロボット系を機能的に繋ぎ、物理的・情報的・生理的インタラクションを実現します。サイバニクスは、筑波大学山海嘉之教授(CYBERDYNE社社長)が創成し、「Society 5.0」を牽引するコア技術領域でもあります。
(同社プレスリリースより)