損害保険ジャパン日本興亜株式会社と鹿児島県は、「がん対策推進企業等連携協定」を2017年4月24日に締結しました。

鹿児島県は、「鹿児島県がん対策推進計画」に基づき、がんの早期発見などの取組みを推進することによって、県民の健康的な生活の実現を目指しています。損保ジャパン日本興亜は、鹿児島県内トップシェアの損害保険会社として、県民の健康を支援し地域活性化に貢献するため、鹿児島県との連携協定を締結することとなりました。

損保ジャパン日本興亜の強みや特徴を活かせる分野で連携を行い、以下のような業務活動で連携します。
(1)顧客窓口におけるパンフレット等の配布やポスターの掲示等によるがん検診の受診勧奨
(2)がん検診の受診啓発イベントの実施
(3)県民へのがん検診受診等啓発の実施
(4)従業員・家族に対するがん検診の受診勧奨
(5)従業員・家族に対するがん検診情報の提供
(6)従業員が仕事とがんの治療を両立できるよう支援する取組み
(7)その他、がんに関する正しい知識の普及に関する積極的な取組み