損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、レベル4*以上の自動運転技術に対応した新たな保険商品の開発を目的として、国立大学法人東京大学との間で共同研究契約を締結し、2017年5月からの共同研究を開始したことを発表しました。

自動運転車の実用化を目指す取組は、産官学一体となって活発に行われていますが、その一方で消費者の期待や不安は日々変化しています。損保ジャパン日本興亜は、2017年7月より運転者が介在するレベル3までの自動運転技術に対応する商品を提供しますが、レベル4以上のの自動運転技術の実現や、それに対応する保険商品の開発にはまだ多くの課題が残っています。そこで、東京大学と共同研究契約を締結して、レベル4以上の自動運転技術に関する実証実験に参画し、自動運転車に最適な保険商品の開発を強化することとなりました。

主な研究テーマは、「自動運転車固有のリスクと事故形態」と「事故発生時のデータ解析による事故原因究明」ということです。

*レベル4 米国自動車技術会(Society of Automotive Engineers)が提示した自動運転レベルの定義のうち、高度運転自動化を示す。システムが全ての運転タスクを実施(限定領域内)し、作動継続が困難な場合も利用者が応答することは期待されない。