損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、長岡市の地域防災力の更なる向上を図るため、長岡市と「地域防災力向上に関する連携協定」を、2018年2月15日に締結したと発表しました。

長岡市は、「日本一災害に強いまちづくり」のスローガンを掲げて、防災力向上のために市民参加型の総合防災訓練の実施に力を入れています。また、損保ジャパン日本興亜は、新小学生1年生に対する交通事故傷害保険付き「黄色いワッペン」贈呈事業のほか、2016年度からは「長岡市総合防災訓練」における子ども達への防災教育など、長岡市と連携した取組みを進めてきました。日本興亜と長岡市は、市民への防災意識を高める活動や災害時の対応などで連携し、長岡市の地域防災力の向上を目指し、協定を締結することとなりました。

同社プレスリリースによれば、協定の主な内容は以下の通りです。
(1) 災害時におけるドローンによる情報収集に関すること
(2) 市が行う防災訓練を初めとする各種防災事業に関すること
(3) 市民への防災に対する意識啓発及び防災知識の普及に関すること
(4) 地震保険等に関する情報提供
(5) その他防災、減災及び災害対応における相互協力に関すること