損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、金沢市内の自転車事故抑止に向けて相互に密接な連携を図るため、金沢市と「自転車の安全な利用の促進等に係る事業連携協定」を、2017年11月24日に締結したと発表しました。

金沢市では、2014年4月1日に「金沢市における自転車の安全な利用の促進に関する条例」を制定し、2018年4月からは自転車の利用者に対し自転車損害賠償保険等の加入を義務付けるなど、安全な生活環境の確保を図ってきました。また、損保ジャパン日本興亜は、自転車の安全利用に向け、自転車保険制度の立ち上げるなどの取組みを進めています。そこで、住民の交通安全や自転車の安全利用を促進するために、さらなる連携と協働を行うよう、協定を締結することとなりました。

同社のプレスリリースによれば、協定の主な内容は以下の通りです。
・条例改正の周知および保険の種類等の情報提供
・保険に関する相談窓口の設置
・交通安全推進に関する取り組み
・金沢市への保険加入等の情報提供への協力