損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、認知症等により責任能力を有していない者(責任無能力者)と判断される場合の自動車事故に対応するため、2019年1月に自動車保険を改定し、責任無能力者の監督義務者(認知症等の方の配偶者や親族など)を補償の対象となる被保険者に追加すると発表しました。

近年、高齢者による自動車事故に社会的関心が高まっています。もしも、認知症等により運転者本人が責任無能力者と判断された場合、周囲のご家族等に監督責任がおよぶ可能性があります。そこで同社は、責任無能力者の監督義務者(認知症等の人の配偶者や親族など)を補償の対象に含める改定を実施することとなりました。改定により、記名被保険者(主に運転する人)、そのご家族 または許諾被保険者(記名被保険者の承諾を得て契約自動車を使用または管理中の者)が起こした事故で、監督義務者等が法律上の損害賠償責任を負った場合は、その監督義務者等が被保険者に含まれ補償の対象となります。

なお、対象となるのは『THE クルマの保険(個人用自動車保険)』および『SGP(一般自動車保険)』の対人賠償責任保険・対物賠償責任保険で、2019年1月1日以降を保険始期日とする契約から改定となります。

文: 蟹山淳子