損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、自動車保険契約中の自動車が故障により走行不能となり、かつレッカーけん引された場合に、その故障車両の修理費を補償対象とする「故障運搬時車両損害特約」を新設し、2019年1月から本特約を提供すると発表しました。

これまでの自動車保険では、車が故障した場合のレッカー費用、代車・宿泊・移動費用を補償する特約はありましたが、故障車の修理費は補償の対象とならず、加入者の自己負担になるケースが発生していました。そこで、同社は故障損害に対する車両の修理費を補償する「故障運搬時車両損害特約」を新設しました。

「故障運搬時車両損害特約」は、『THEクルマの保険(個人用自動車保険)』と『SGP(一般自動車保険)』に付帯することができます。契約車が故障して走行不能となり、レッカーけん引された場合は、故障損害に対して、協定保険価額または100万円のうち低い額を限度として保険金を受け取ることができます。

なお、本特約の保険料は平均約2,000円、保険金が支払われた場合は「1等級ダウン事故」の扱いとなります。

文: 蟹山淳子