損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、自動車保険の「弁護士費用特約」において、日常生活の被害事故に係る法律上の損害賠償請求を行う場合の弁護士費用等を補償の対象とする「弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)」を新設するとともに、自動車対人加害事故を起こしてしまった場合に、加入者が負担する刑事事件の弁護士費用等を補償の対象とする「刑事弁護士費用条項」を新設し、2019年1月から提供すると発表しました。

同社によると改訂の概要は以下の通りです。
1. 弁護士費用特約の改定
『THEクルマの保険(個人用自動車保険)』および『SGP(一般自動車保険)』に「弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)」を任意で付帯できるようになり、日常生活被害事故が補償の対象に追加されます。なお、現在の「弁護士費用特約」は「弁護士費用特約(自動車事故限定型)」に名称が変わります。

2. 自動車対人加害事故に関する保障の追加
これまで、自動車を運転中の事故などにより、被保険者が他人を死亡またはケガをさせた場合は、これまで補償の対象となりませんでしたが、「弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)」、「弁護士費用特約(自動車事故限定型)」の補償の対象として追加されます。なお、対象となるのは刑事事件等の対応を行うための「弁護士費用」で、刑事罰(罰金、保釈金など)そのものを補償するものではありません。

文: 蟹山淳子