損害保険ジャパン日本興亜株式会社と群馬県は、県民サービスの向上や地域活性化に向けた取組みにおいて、相互協力するための「包括連携協定」を2017年5月8日に締結しました。

損保ジャパン日本興亜は「県民、行政、NPOなどとの地域の課題解決に向けた共同を通じ、持続可能な社会の実現に貢献すること」をCSR(企業の社会的責任)の重点課題としています。そこで、地域と産業の安定的な繁栄を支援するノウハウを活かし、県民サービスの向上と地域活性化に貢献するため、群馬県と包括連携協定を締結することとなりました。

損保ジャパン日本興亜の強みや特徴を活かせる以下の11分野で連携し、提案、共同取組を行います。
(1)地産地消の推進、群馬県産の農林水産物、加工品、工芸品等の販売促進
(2)健康増進および食育の推進
(3)子育て支援および青少年の健全育成
(4)高齢者や障害者の支援
(5)観光の振興
(6)環境問題対策
(7)地域および暮らしの安全・安心
(8)災害対策
(9)群馬県のイメージアップ
(10)地域産業の振興・支援
(11)その他地域社会の活性化および県民サービスの向上