損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、立川市が掲げる『立川市健康づくり事業』に貢献するため、立川市と『生活習慣の改善等に関する事業連携協定』を、2018年1月31日に締結したと発表しました。

立川市は、市民一人ひとりが健康づくりに取り組むとともに、地域や世代間で支えあい、いきいきと暮らせるまちの実現を目指しています。このたび、生活習慣の改善や生活習慣病予防の普及啓発に向けた取組みを、立川市と損保ジャパン日本興亜が連携・協力して行い、市民の健康的な生活の実現を図るため、協定を締結することとなりました。

同社プレスリリースによれば、協定の主な内容は以下の通りです。
(1)生活習慣の改善に関する啓発や関連するイベント・講座への協力
(2)がん検診事業およびその普及啓発への協力
(3)食育推進の取組みへの協力
(4)その他、立川市と損保ジャパン日本興亜が合意する生活習慣病予防普及啓発に関する取組みへの協力