損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、地方創生の実現を図るため、真庭市と『地方創生に係る包括連携協定』を2018年3月19日に締結したと発表しました。

岡山県真庭市は「真庭市まち・ひと・しごと創生総合戦略」実現のため各種取組みを推進しています。同社は真庭市に対し、それぞれの知的・人的資源を有効に活用し、相互に連携・協力して同取り組みの遂行や、地域の発展に寄与するための提案を行い、協定を締結することとなりました。

同社プレスリリースによれば、協定の主な内容は以下の通りです。
(1)戦略的な産業振興に関すること
(2)観光誘客の促進に関すること
(3)防災力の向上に関すること
(4)地域の介護に関すること
(5)安全・安心なまちづくりに関すること
(6)その他両者が協議し合意した事項