損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、白山市の防災力向上に関し、相互に密接な連携を図るため、石川県白山市と「防災力向上に係る連携・協力協定」を、2017年9月29日に締結したと発表しました。

同社プレスリリースによれば、損保ジャパン日本興亜の強みである防災の分野において、以下の項目について連携・協力を行います
(1) 白山市の危機管理・防災対策に関すること
(2) 防災まちづくりに関すること
(3) 市民および事業者の防災意識向上に関すること
(4) 地震、噴火、津波などの自然災害に対応する保険の普及に関すること
(5) その他、市民および事業者の防災力向上の取組みに関すること

白山市と損保ジャパン日本興亜は、相互に密接な連携をすることで、防災力の向上に寄与し、災害等から市民の生命・身体及び財物を守っていくということです。