損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、 2018年10月から船舶や港湾施設向けの損害調査に「水中ドローン」を損害保険業界で初めて導入したと発表しました。

「水中ドローン」は、潜水時間や潜水深度、対応可能潮流、安全性、汚染水域での調査などに優れているため、ダイバーの代替・補完手段として活用すれば、よりタイムリーで迅速に損害調査を行うことができるようになります。同社は今般、株式会社SIX VOICE水中ドローン社の「水中ドローン」を導入しました。

現在、陸上からの目視ができない船舶の船底部や、港湾の岸壁の水中部などの損害調査は、ダイバーが潜水して視認や写真撮影によって行うことが主流です。しかし、ダイバーの不足や、事故現場が危険でダイバーが潜水できない等、すぐに損害調査できないケースが発生しており、水中ドローンによる代替が期待されています。

同社は船舶や港湾施設の調査だけでなく、ダム・河川などのインフラ、広域災害等での調査や、水中障害物の確認など船舶事故未然防止にも活用を広げるということです。

文: 蟹山淳子