損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、「vs東京『とくしま回帰』総合戦略」の取組みに貢献するため、徳島県と「連携と協定に関する包括協定」を、2017年6月1日に締結しました。

徳島県は2015年より人口減少の克服と持続可能な地域づくりのため、5か年の「vs東京『とくしま回帰』総合戦略」を策定し、取り組んでいます。徳島県と損保ジャパン日本興亜は、総合戦略を推進するため「とくしま回帰の促進」や「雇用創出」など、さまざまな分野で連携・協力し、地域の活性化に向けて共同して取組み、地方創生を実現するため、今回の包括協定を締結することとなりました。

連携項目の主な内容は以下の通りです。
・ ひと-「新しい人の流れづくり」
  (1)移住・定住の促進に関すること
  (2)消費者行政に関すること
  (3)県政情報の発信に関すること
・ しごと-「地域における仕事づくり」
  (4)地域産業の振興・企業支援に関すること
  (5)健康経営の推進に関すること
  (6)農林水産業の振興に関すること
  (7)県有産品振興・観光振興に関すること
  (8)芸術・文化・スポーツの振興に関すること
・ 子育て-「結婚・出産・子育ての環境づくり」
  (9)少子化対策・子育て支援に関すること
  (10)働き方改革の推進に関すること
・ まち-「活力ある暮らしやすい地域づくり」
  (11)女性活躍推進に関すること
  (12)高齢者及び障がい者への支援に関すること
  (13)地域の安全・安心に関すること
  (14)地域防災体制の向上に関すること
  (15)交通事故防止に関すること
  (16)環境に配慮した取組支援に関すること
  (17)その他、本協定の目的を達成するために必要な事項