損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、広島県と「災害対応に関する協定」を2017年3月22日に締結しました。

広島県は、「災害死ゼロ」の実現に向けて「みんなで減災」県総ぐるみ運動を推進しています。損保ジャパン日本興亜は、広島県の活動に共鳴し、保険会社として培ったノウハウを活かし、災害等から広島県民の生命、身体、財産を守り、広島県の防災力向上に向けた取り組みを支援するため、この協定を締結することとなりました。

「災害対応に関する協定」の内容は以下の通りです。
(1)災害時: 損保ジャパン日本興亜が保有するドローンを活用して、「被災状況の把握」、「被災者の捜索」などの災害対策を実施します。
(2)平常時: 「災害に強い広島県」に向けて、防災・減災に関する活動を実施します。