損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、川口市が推進する、「川口の地方創生-川口創生 オクノミクス 総合戦略-」に貢献するため、川口市(市長:奥ノ木信夫)と『防災啓発活動等を通じた地域創生に関する協定』を2018年3月16日に締結したと発表しました。

埼玉県川口市は、「人としごとが輝くしなやかでたくましい都市 川口」を目指して、地方創生の取組みを推進しています。川口市と損保ジャパン日本興亜は相互に連携し、市内事業者などの防災意識を育成し、防災力の強化するために協定を締結することとなりました。

同社プレスリリースによれば、協定の主な内容は以下の通りです。
(1)市内事業者等への事業継続計画の作成支援に関すること
(2)市の災害対策に即した防災啓発活動に関すること
(3)その他防災啓発活動に関すること