損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、富士吉田市が掲げる『富士吉田市地域創生総合戦略』における地方創生の取組みに貢献するため、富士吉田市と『地方創生に係る包括的業務連携に関する協定』を2017年12月21日に締結したと発表しました。

富士吉田市は、2015年度に策定した『富士吉田市地方創生総合戦略』の下で、豊かに暮らせる力強いまちづくりに向けた取り組みを積極的に展開しています。同社は、山梨県内トップシェアの損害保険会社として有するノウハウ・ネットワークを活かし、地方創生の活動に貢献するため、協定を締結することとなりました。

同社プレスリリースによれば、協定の主な内容は以下の通りです。
(1) 防災・減災及びリスクマネジメントの推進に関すること
(2) 観光・地域資源の活用に関すること
(3) 移住・定住促進に関すること
(4) 高齢者見守り及び介護事業の支援に関すること
(5) 男女共同参画に関すること
(6) 健康の維持・増進に関すること
(7) その他、地方創生の推進に関すること