損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、ドライブレコーダーを利用した個人向けテレマティクスサービス「DRIVING!~クルマのある暮らし~」(以下「ドライビング!」)の提供を、2017年3月より開始すると発表しました。

安全運転支援サービス「ドライビング!」は、高齢者や若年層などで事故率が高く、ドライバー自身による安全対策が必要とされていることをうけて開発された、デジタル技術を活用したサービス。「安全運転支援機能」や「緊急メール発信機能」を搭載した専用ドライブレコーダーを利用して、運転中の安心をサポートします。また、運転後には「安全運転診断」や「視機能トレーニング」によって自分の運転能力を自覚し、安全運転に役立てることができます。

「ドライビング!」は、損保ジャパン日本興亜の自動車保険に加入している個人のお客様を対象に、2017年3月より受付開始、4月よりサービス提供(期間限定で先着5,000台)を開始します。