損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、周南市と様々な分野で相互に連携し協働した取組を行うことで、地方創生の実現を図ることを目的として「地方創生に係る包括連携協定」を2018年8月27日に締結したと発表しました。

周南市は「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、シティプロモーション推進事業などを通じて地方創生の取り組みを進めています。同社は、保険事業だけでなく、介護、健康、環境など、さまざまな分野で事業展開や地域貢献を行っており、周南市が抱える課題に共に取り組むため、連携協定の締結することとなりました。

同社プレスリリースによれば協定の主な内容は以下の通りです。
(1) 地域防災への協力に関すること
(2) 地域の安心・安全に関すること
(3) 認知症やその家族の支援に関すること
(4) 健康増進に関すること
(5) 子ども・子育て支援・青少年育成に関すること
(6) シティプロモーションに関すること
(7) その他、地方創生の実現に資すること

文: 蟹山淳子