損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、深刻化・複雑化するサイバー空間での脅威に対し、情報発信・訓練等を通して、中小企業のサイバーセキュリティ対応力の向上に貢献するため、千葉県警察と『サイバーセキュリティパートナーシップ協定』を2018年4月23日に締結したと発表しました。

千葉県警察は、県内の中小企業へのサイバーセキュリティ対策を講じるため、産学官連携によるパートナーシップ協定を締結しています。また、損保ジャパン日本興亜はサイバー空間の脅威に対して、対処策などのノウハウを蓄積してきました。そこで、両者が相互に連携してサイバーセキュリティ対策の強化を支援し、サイバー空間の脅威の低減させるため、協定を締結することとなりました。

同社プレスリリースによれば、協定の主な連携項目は以下の通りです。
(1)各事業者のサイバーセキュリティ意識の向上を目指した広報啓発活動の推進
(2)サイバーセキュリティに関する情報共有体制の構築
(3)サイバーセキュリティに関する相談体制の構築
(4)サイバーセキュリティ事案発生時の相互連携による対処の推進

文: 蟹山淳子