損害保険ジャパン日本興亜株式会社およびSOMPOリスケアマネジメント株式会社は、2017年9月28日から、企業向け安全運転支援サービス『スマイリングロード』にドライバーの定期健康診断や、各種スクリーニング検査の受診状況を一元管理できる損保業界初の健康管理支援機能『スマイリングロード ヘルスケアサイト』を追加したと発表しました。

昨今、ドライバーの健康状態が原因となって起こった自動車事故(健康起因事故)の件数が増加し、ここ10年で約4倍(国土交通省調べ)となりました。ドライバーの健康維持は、自動車を使用する企業にとって必要不可欠な取組みとなっています。そこで、損保ジャパン日本興亜とSOMPOリスケアは、ドライバーの健康管理を図る取組みは事故を防ぐだけでなく、企業のイメージアップや優良ドライバーの確保にもつながることに着目し、健康管理支援機能『スマイリングロード ヘルスケアサイト』を提供することとなりました。

『スマイリングロード ヘルスケアサイト』では、労働安全衛生法で義務付けられた定期健康診断、国土交通省が受診を推奨する各種検査(人間ドック、脳ドック、睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査、心疾患に係る検査)、軽度認知障害スクリーニング検査の受診状況を把握することができます。また、受診時期が近づくと管理者へアラートを送り、受診漏れや受診遅れを防止します。