損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、世界15社の大手保険会社、再保険会社による共同プロジェクトであるブロックチェーン保険イニシアチブ(Blockchain Insurance Indusutory Initiative,)「B3i」へ参加したと発表しました。

「B3i」は、グローバルに展開する保険事業でのブロックチェーン(分散型台帳技術)活用と、業界共通プラットフォーム構築の可能性を探るためのプロジェクトです。損保ジャパン日本興亜以外の参加会社は以下の通りです。
Aegon、 Achmea、 Ageas、 Allianz、 Generali、 Hannover Re、 Liberty Mutual、 Munich Re、 RGA、 Swiss Re、 SCOR、 Tokio Mrine Holdings、 XL Catlin、 Zurich

http://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/news/2016/20170207_1.pdf