損害保険ジャパン日本興亜株式会社と株式会社ナビタイムジャパンは、学習塾「探究学舎」を運営する株式会社ワイズポケットの協力のもと、「子どもの見守りサービス」に関する実証実験を共同で実施すると発表しました。

近年、子どもに対する誘拐や強制わいせつなどの犯罪件数が増加しています。同社は、これを深刻な社会問題と考え、「子どもの見守り」に関する保険商品やサービスの研究を進めてきましたが、このたび、ナビタイムジャパンから「見守り協力者向けスマートフォンアプリ」の提供を受け、共同で「子どもの見守り」に関する実証実験を2018年10月から2018年12月の予定で実施することとなりました。

今回の実証実験では、「探究学舎」に通う子どもにビーコン端末を携帯してもらい、保護者のスマートフォンアプリや見守り協力者向けのスマートフォンアプリを連携させて、子どもの居場所を知りたいときや子どもが塾や自宅に到着したときに、アラートが送信される等の機能を検証するということです。

文: 蟹山淳子