太陽生命保険株式会社は、2018年10月1日に発売した『ひまわり認知症予防保険』の販売件数が、発売から1カ月を待たずに10月18日時点で10,000件を超えたと発表しました。

厚生労働省によれば、2025年には認知症患者が700万人を超え、65歳以上の約5人に1人が認知症になると予想されています。認知症の中で一番多いと言われるアルツハイマー型認知症は、MCI(軽度認知障害)の段階で生活習慣・運動習慣等の見直しを行えば認知症の発症を防げる可能性があります。従って、MCIの兆候を早期に発見して対策を講じることが重要と考えられます。

『ひまわり認知症予防保険』は、認知症になった場合だけでなく、予防の段階から顧客をサポートする保険です。認知症と診断された場合に受け取れる認知症診断保険金は、早期の治療に活用でき、生存給付金特則を付加すれば、契約の1年後から2年ごとに受け取れる「予防給付金」を認知症予防サービスに利用することができます。これらの保障が支持され、『ひまわり認知症予防保険』は発売から18日で販売件数が10,000件を超えたということです。

文: 蟹山淳子