太陽生命保険株式会社は、「ひまわり認知症治療保険」等の認知症治療給付金の支払いにかかる診断が円滑に行われるよう、「ご担当医向け診断書記入の手引き」を作成しました。

認知症治療給付金は「生まれて初めて器質性認知症に該当し、かつ、意識障害のない状態において所定の見当識障害があると診断確定され、その状態が180日継続したとき」に受け取ることができます。しかし、診断は必ずしも認知症専門医から受けるものではなく、専門医でないかかりつけ医によってされる場合もあります。

そこで太陽生命は、どのような医療機関を受診しても、適切な診断がなされるよう、「ご担当医向け診断書記入の手引き」を認知症専門医の協力を得て作成しました。記入上の留意点について分かりやすく説明するとともに、具体的事例に基づいた記入例を記載し、認知症治療給付金の支払いにかかる診断基準の標準化を図っているということです。