太陽生命保険株式会社は、団体信用生命保険ご加入手続きの完全ペーパーレス化を実現した保険契約申込システムに関する発明について、日本における特許権を取得したと発表しました。

金融機関での住宅ローン申込むときには団体信用生命保険の加入が必要です。同社では2017年3月に、Web上で申込み手続きを完結するシステム「おひさまねっと」によるサービスの提供を開始しました。それによって保険契約の申込みから健康状態の告知手続きまで完全ペーパーレスで行えるようになりました。また、告知は、健康状態や病歴に応じて自動的に表示される質問項目に回答を入力すれば、団体信用生命保険の加入可否を即時に判定することができるので、住宅ローンの手続きに要する時間が大幅に短縮しました。

この度、「おひさまねっと」による団体信用生命保険の保険契約申込みシステムに関する発明が評価され、日本における特許権を取得したということです。現在、「おひさまねっと」によるサービスは、株式会社新生銀行とオリックス銀行株式会社で取り扱っています。

文: 蟹山淳子