T&D保険グループの太陽生命保険株式会社は、「かけつけ隊サービス」の利用件数が、2017年3月21日時点で20,000件を超えたことを発表しました。

「かけつけ隊サービス」は、専門知識を持った内務員がお客様を訪問し、保険金の支払い手続きをサポートするサービスです。一人暮らしで歩行が困難なお客様への「診断書の取得代行サービス」や、字を書くことに支障があるが代筆を頼める親族がいないお客様への「請求書作成のサポートサービス」など、専門知識を持った内務員だからこそできるサービスを提供し、シニアのお客様をはじめとする多くのお客様から好評を得ています。

2016年12月からは、「給付金請求手続きのペーパーレス化」によって、専用モバイル端末上に自署するだけで手続きが完了し、そのまま本社へデータ送信できるようになたったことで、給付金支払いまでの日数が大幅に短縮されました。白内障による入院・手術の請求については、データ送信後、最短30分程度での給付金支払いが可能になったということです。