大同生命保険株式会社は、GEエナジー・ファイナンシャル・サービスが設立したEFSエナジー・ジャパン投資事業有限責任組合への投資を決定しました。

今回の投資は、日本国内の商業運転を開始した太陽光発電事業を対象としており、自然エネルギーを利用して発電したクリーンエネルギーの提供をすることで、地球温暖化対策の推進やエネルギー自給率の向上への貢献を期待できるとのことです。