これまで、公的老齢年金を受け取るために保険料納付済期間と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でしたが、平成29年8月1日から、10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになりました。

今回の改正で年金を受け取ることができるようになった人には、日本年金機構から、年金請求書(短縮用)が黄色い封筒で送付されます。また日本年金機構によれば、60歳以上で資格期間が10年に足りない人でも、任意加入制度や後納制度を活用することで、年金を受け取れる可能性があります。資格期間を確認したい人は、「ねんきんネット」や「ねんきんダイヤル」か、最寄りの年金事務所・街角の年金相談センターで確認できます。