住友生命保険相互会社では、2015年9月に発売した就労不能保険「1UP(ワンアップ)」の累計販売件数が100万件を突破したと発表しました。

「1UP」は、大手生保では初となる「就労不能保障」という新たなマーケットを開拓した商品です。単身・共働き世帯が増加したこと等で保障ニーズが多様化しているため、これまで「働けなくなったとき」と「死亡したとき」の保障を一つの保険商品でカバーしていたのに対し、各保障額をそれぞれ自在に設定でき、きめ細かなコンサルティングが可能となっています。また、近年増加している「精神障害」への備えにも対応するなど、働けなくなるリスクに幅広い保障が受けられるため、特に若年層から支持されており、加入者の6割超が30代以下ということです。
文: 蟹山淳子