三井住友海上火災保険株式会社ならびにあいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、中堅・中小企業のサイバー攻撃リスクに幅広く対応する新型サイバー保険を共同開発し、2018年1月1日以降始期契約より販売を開始すると発表しました。

近年、サイバー攻撃は増加傾向にあり、その手法は巧妙化しています。また、その対象も大企業・行政機関中堅・中小企業にも広がっています。こうした状況を踏まえ、中堅・中小企業の加入者向けに新型サイバー保険を開発しました。商品名は三井住友海上では「サイバープロテクター」、あいおいニッセイ同和損保では「サイバーセキュリティ保険」となっています。

新商品の特徴は以下の通りです。
(1) 3つのプランから選択できる「プラン型」商品です。最も補償が広い充実プランでは、海外での損害賠償請求にも対応できます。
(2) サイバー攻撃に対する補償を強化しました。充実プランでは、公的調査対応費用、被害拡大防止費用、情報システム等復旧費用、再発防止費用が新たに追加されました。
(3) MS&ADインシュアランスグループの株式会社インターリスク総研による情報セキュリティ診断サービス、標的型メール訓練サービス、標的型メール攻撃対策セミナー・研修を受けることができます。