三井住友海上火災保険株式会社ならびにあいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、2017年8月1日から、事故対応や保険の相談・問い合わせ窓口における「14カ国語対応」を開始したと発表しました。

このサービスは、事故に遭った加入者や相手方などが、保険に関するご相談・問い合わせをする際に、日本語によるコミュニケーションが困難な場合でも、通訳オペレータを介して多言語でやり取りできるものです。これまで4カ国語であった対象外国語を14カ国語に拡充するほか、自動車保険のロードサービスにも新たに導入することとなりました。

対象となる外国語は、英語、中国語、ポルトガル語、韓国語、インドネシア語、タイ語、タガログ語、ベトナム語、ネパール語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ロシア語の14カ国語です。事故受付センターとロードサービスコールセンターでの対応時間は、英語は全日24時間、英語以外は全日9時から22時ということです。