三井住友海上あいおい生命保険株式会社は、スマートフォンで再生したバーチャル・リアリティ(VR)映像を利用した情報の提供を、2017年5月より開始しました。VRで先進医療施設に関する情報提供をするのは、国内生命保険会社で初めてということです。

同社によると、初回提供の内容は以下の通りです。
・映像内容: ガンの先進医療技術の一つである粒子線治療を行う医療施設と、隣接する宿泊施設を360度パノラマ映像で紹介
・撮影協力: メディポリス国際陽子線治療センター(鹿児島県指宿市)
・視聴方法: 専用の簡易型HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「VR scope®」にスマートフォンをセットして鑑賞

なお、今後は介護や障害の疑似体験や、ガンが転移する仕組みのアニメーション解説など、さまざまなVR映像を提供し、健康や医療についての理解を深めるためのツールの提供を検討していくということです。