三井住友海上火災保険株式会社は、戦略的提携パートナーである中国保険大手の「中国太平洋保険(集団)株式会社」と「海外事業に対するリスクソリューション提供に関する包括提携」を締結したと発表しました。

今回の提携により、太平洋保険の顧客等が海外展開する際、同社の海外拠点を通じた保険引受を行うほか、リスクに対する評価やアドバイス等のサービスを提供するための支援態勢の構築を行います。そして、同社がこれまで培ってきたグローバルネットワークおよび引受ノウハウを活用しながら、中国から海外に進出する企業向けに保険関連サービスを提供し、現地での事業活動を支援するということです。
同社と太平洋保険は、2004年10月に提携して以降、保険の引受や商品開発、事故対応やリスクマネジメント等、広範囲な分野において着実に実績を積み重ねてきました。近年、中国企業の海外進出が拡大し、世界各地でインフラ案件等を受注していますが、現地で長期に安定した事業を行うには、保険関連サービスが必要となります。ただ、現時点で中国の保険会社の海外ネットワークは限定的です。そこで、海外進出を拡大する太平洋保険の顧客等の支援を強化するため、本提携を締結することとなりました。

文: 蟹山淳子