三井住友海上火災保険株式会社は、株式会社bitFlyerと共同で、ブロックチェーン技術を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始したと発表しました。

従来、保険申込書類の確認業務では、営業拠点と事務センター間でのFAX等によるやり取りが中心であったため、相応の時間が必要でした。そこで、これらの業務にbitFlyerのブロックチェーン技術を活用することでデジタル化し、迅速な保険証券発行を目指すための実証実験をすることとなりました。

実施時期は2018年1月中旬から約3カ月間で、保険証券発行期間の短縮、高度なセキュリティの確保、安価なシステムの構築を目指します。