三井住友海上火災保険株式会社は、株式会社ココペリと協業し、AI(人工知能)を活用した保証信用保険の引受業務高度化に向けた実証実験を開始すると発表しました。

今回の実証実験では、企業の決算書などの財務情報をココペリ社が開発したAIによって、決算書などの財務情報を分析することで対象企業の信用リスクを評価し、分析の迅速化と引受審査能力の向上を目指します。
同社によれば、ココペリ社のAI(SHARES φ<シェアーズファイ>)は、「企業の信用リスク評価を迅速に行うことができ、一般的な倒産確率統計等と比較し、精度の高い分析結果が得られる見込みであることが確認」されています。

同社は、今後も、他の企業等との協業・提携しながら、さまざまな知見やノウハウを取り入れ、革新的な商品・サービスの開発に努めるということです。

文: 蟹山淳子