三井住友海上火災保険株式会社は、2015年10月に発売した「1DAY保険(正式名称:24時間単位型自動車運転者保険)」の契約件数が、2018年4月に300万件を突破したと発表しました。

「1DAY保険」は、24時間単位で保険料500円から、スマートフォンやセブン‐イレブンのマルチコピー機で加入できる「借りた車専用の自動車保険」です。発売開始から約2年7ヶ月で累計300万件を突破しました。特に、夏休みや春休みを迎える8月や3月は、平均契約件数が大幅に増加するということです。

契約者の年齢は22歳以下が全体の約4割、23歳から29歳が約3割で、若年層を中心に利用されています。また、同社が行ったアンケート調査では、利用目的の1位はレジャー・観光、2位は旅行、運転する車の所有者は1位が親、2位は友人・知人となっているということです。

文: 蟹山淳子