三井ダイレクト損害保険株式会社は、2018年7月1日始期契約から、総合自動車保険に「ASV割引」および「不正アクセス・車両の欠陥等による事故の被害者救済費用特約」の新設等の各種改定を行うと発表しました。

同社によると、主な改定内容は以下の通りです。
(1)「ASV割引」の新設
近年、運転者の安全運転を支援するASV(先進安全自動車)の開発・普及が進んでいます。中でも、AEB(衝突被害軽減ブレーキ)は普及が進んでおり、交通事故軽減効果が大きいと言われています。そこで、「ASV割引」を新設することとなりました。一定の条件を充たせば、保険料を9%割引します。
(2)「年間の走行距離」に応じた保険料の見直し
保険料負担の公平性を図るため、走行距離区分に応じた保険料に改定します。
(3)「不正アクセス・車両の欠陥等による事故の被害者救済費用特約」の新設
昨今、自動運転技術の導入が進んでいますが、一方で、自動運転車への不正アクセスなどを原因とする事故が心配されています。そこで、契約車への不正アクセスや車両の欠陥等が原因となる事故についても、被害者を救済できるよう「不正アクセス・車両の欠陥等による事故の被害者救済費用特約」を新設することとなりました。

なお、本改定にあわせ、お客さまセンター(コンタクトセンター)でクレジットカードを利用する際のカード決済方法を、クレジットカード決済システム(自動音声)に変更し、クレジットカード取引のセキュリティを強化するということです。

文: 蟹山淳子