MS&ADインシュアランス グループの三井ダイレクト損害保険株式会社は、訪日外国人との自動車事故の増加に対応するため、三者間通話を使った「多言語事故対応サービス」を2017年12月13日より開始しました。

2016年に来日した外国人は約2400万人となり、10年前と比べて約3.3倍に増加しています。そのため、自動車事故の相手が外国人で、日本語でコミュニケーションができないというケースも想定されるようになりました。そこで、同社は日本語以外の言語でも、通訳を介在させることで円滑な事故対応を進められるよう、「多言語事故対応サービス」を導入しました。

初期対応は365日、9時から19時まで、事故の照会・相談は平日9時から17時まで対応します。対応言語は、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、インドネシア語、タイ語、タガログ語、ベトナム語、ネパール語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ロシア語の14か国語です。