ライフネット生命保険株式会社は、2018年4月に標準生命表が改定されることに伴い、2018年4月2日に、定期死亡保険「かぞくへの保険」の保険料および保障内容を改定すると発表しました。

保険料の改定に加え、保障の選択肢を拡充し、より幅広い年齢層の人が加入できるように改定することになりました。

同社によると、主な改定のポイントは以下の通りです。
(1) 保険料が引き下げられます。
(2) これまで65歳までだった加入上限年齢が70歳に引き上げられます。
(3) 保険期間の選択肢に「90歳まで」が増えます。
(4) これまで保険金額は500万円から1億円まででしたが、51歳以上の上限が1億円に引き上げられます。

保険料は、例えば保険金額1,000万円、保険期間10年の契約をする場合、50歳男性なら現行5,392円だったものが改定後は4,217円(マイナス21.8%)に、50歳女性なら現行2,890円だったものが改定後は2,686円(マイナス7.1%)に引き下げられます。