ライフネット生命保険株式会社は、2017年8月1日より新商品「ライフネットのがん保険 ダブルエール」を発売することを発表しました。

近年、医療技術の進歩により、がんと診断されても働きながら治療を続ける人が増えています。その場合、がん治療のための休業や時短勤務等による収入の減少が課題となっています。そこで、ライフネット生命は、治療費に備える「治療サポート給付金」だけでなく、収入の減少に備える「がん収入サポート給付金」とのダブルの保障で、「がん罹患後に、働きながらがんを治療することをサポートする」という新たなコンセプトのがん保険を開発しました。

「ライフネットのがん保険 ダブルエール」の主な特徴は以下の通りです。
1.ガンの治療費に加えて、収入減少をダブルでサポ―トします
 ・手術、放射線治療、抗がん剤治療を受けたとき、「治療サポート給付金」を受け取ることができます。
 ・がん罹患後の収入減少に対し、「がん収入サポート給付金」を受け取ることができます。
2.お手頃な保険料で、安心の補償を提供します。
 ・初めてがんと診断されたときに、「がん診断一時金」、「上皮内新生物診断一時金」を受け取ることができます。
 ・シンプルタイプの保険料(がん診断一時金100万円、治療サポート給付金なし、がん収入サポート給付金なし、がん先進医療給付金なしの場合)は、30歳男性 月額1,209円、女性 月額1,437円です。
 ・「がん先進医療給付金」は2000万円まで保障されます。
3.働きながらがんを治療するための充実したサバイバーシップ支援サービスの紹介を受けられます。