メドピア株式会社の連結子会社で、オンライン健康相談サービス「first call(ファーストコール)」を展開する株式会社Mediplatは、株式会社プレステージ・インターナショナルが海外進出企業向けに提供する「ヘルスケアプログラム」を販売する株式会社プレミア・インシュアランスパートナーズ(PIP)と業務提携契約を締結しました。

「ヘルスプログラム」は海外駐在員の赴任先での病院受診から医療費請求に関する事務手続きを一括代行するサービスです。サービスに加入する海外駐在員とその帯同家族は、現地の提携医療機関をキャッシュレスで受診でき、煩雑な海外療養費の保険申請も代行してもらえます。現在、PIPは100社以上と契約し、3万人以上の海外駐在員と帯同家族にサービスの提供しています。

「first call」は健康上の不安や悩みについて、チャットやテレビ電話を使って、時間や場所に関係なく医師に相談ができるオンライン健康相談サービスで、内科、小児科、産婦人科、精神科など幅広い科目を、約50人の医師が実名で相談に応じています。今回の提携で、今後PIPが新たに契約する海外駐在員とその帯同家族は、「ヘルスケアプログラム」の中で「first call」を利用し、健康不安や受診に関するアドバイスを受けられるようになります。日本企業の海外進出が進む中、赴任先で言語や医療制度が異なったり、医療の質やアクセスが日本のように整っていない場合もありますが、日本の医師に相談できる場があることで駐在員とその帯同家族が安心して生活することができます。