メットライフ生命保険株式会社と、株式会社西武ライオンズは、「西武ドーム」のネーミングライツ(命名権)を、メットライフ生命が5年間取得することに合意したと発表しました。これにより西武ドームは、2017年3月より「メットライフドーム」となります。

西武ドームは埼玉西武ライオンズの本拠地となっている野球場であり、スポーツイベントに加え、ライブなども開催され、毎年200万人以上の観客動員数があります。メットライフ生命は、ネーミングライツ取得に加え、埼玉西武ライオンズのオフィシャルスポンサーとなります。契約内容には、球場正面と球場内バックスクリーン上の大型ビジョン上部での大型看板の設置、テレビ、ラジオ、印刷物、オンライン・メディアの利用などが含まれます。

またメットライフ生命は、ラジオ体操の現代版ともいえる「メットライフ・エクササイズ」を開発しました。振り付けはKABA.ちゃんが担当し、球場では5回裏に、これまで球場で流れていた曲「コットンアイジョー」にのせて実施し、子どもから高齢者まで、ファン一体型で楽しめるエクササイズになる予定です。