プルデンシャル・ホールディング・オブ・ジャパン、プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命)は、2018年10月6日にインターナショナル・ボランティア・デーを迎え、全国の社員とその家族、総勢16,800人がさまざまなボランティア活動に参加しました。

参加者は、災害被災地の復興支援活動、こども食堂の支援活動、老人介護施設・障がい者福祉施設などで、利用者との交流や清掃活動、手話講座などに取り組みました。インターナショナル・ボランティア・デーを通して社員とその家族が地域とボランティアへの理解を深め、継続的にボランティア活動に取り組むきっかけにしてほしいということです。

文: 蟹山淳子