富国生命保険相互会社は2011年5月に発売した就業不能保障特約「はたらくささえ」の累計販売件数が50万件を突破したと発表しました。

「はたらくささえ」は、同社の主力商品である特約組立型総合保険「未来のとびら」に付加して「働けないリスク」に備える特約です。病気やケガで入院(または在宅療養)して就業不能状態が121日以上継続したら5年間(被保険者が生存している限り)、就業不能年金を受け取ることができます。(精神疾患、妊娠・出産が原因の場合は30万円の特定疾患就業不能給付金を受け取ることができます。)

医療保険だけでは保障しきれない長期の入院や在宅療養のリスクに「はたらくささえ」で対応し、身体障がいや要介護などを対象とする特約とあわせて「すき間なく、切れ目のない」保障が提供されるということです。

文: 蟹山淳子