富国生命保険相互会社は、約10,000名の全てのお客さまアドバイザー(営業職員)に配備する情報端末の機能を刷新し、2018年1月に新情報端末「PlanDo」を導入しました。

導入する端末は、Apple「iPad Pro」(画面サイズ9.7インチ)で、社内ではWi-Fi通信、事務所外ではモバイル通信(4G)でセンターサーバーと通信することにより、あらゆる場面で利用することができます。また、端末の重量はこれまでより半減となり、加入者のコミュニケーション、情報提供、商品提案で活用できます。

新規契約時には、法人契約など一部を除き、ペーパーレスで申込み手続きを行うことができます。また、健康診断結果通知書などの書類もその場でカメラ撮影して、端末内にデータを残さずに本社査定部門に送るなど、情報漏えいリスクを無くした上で、契約手続きの迅速化を図りました。セキュリティに関しても、複数認証システムの導入したほか、全ての業務をWEB化してセンターサーバーに格納した情報を端末に表示するため、端末紛失や盗難に遭った場合も個人情報漏えいリスクが軽減します。

同社は、新端末の導入によって、これまで事務所内で行っていた業務を事務所外でできるようになるなど、多様で柔軟な働き方を推進し、営業効率の向上に努めるということです。