株式会社NTTドコモと東京海上日動火災保険株式会社は、包括業務提携に基づき、2018年10月11日に「保険レコメンデーションのAI化」と「保険プロセスのフルデジタル化」に向けた検討を開始することについて合意したと発表しました。

昨今、対面でコンサルティングを受けて契約したいというニーズがある一方で、スマートフォンを通じて気軽に契約したいというニーズも出てきました。そこで両社は、保険を「わかりやすく」「入りやすい」ものに進化させ、インターネットやスマートフォンに慣れ親しんだ若い世代が、初めての保険にスムーズに加入できるように、スマートフォンを通じて取得・分析した顧客の状況や予算等に応じて、AIがお勧めの保険を提示する仕組みの確立(保険レコメンデーションのAI化)を目指します。

また、両社は保険レコメンデーションのAI化とともに、顧客がスマートフォン上で、保険の加入から保険金受取までのプロセスをオンラインで手続きできるデジタル保険基盤の構築(保険プロセスのフルデジタル化)に向けた検討をします。さらに、広域自然災害の際に、本基盤を活用できるような各種サービスの導入もあわせて検討するということです。

文: 蟹山淳子