チューリッヒ生命は、地域社会貢献活動の一環として、2017年6月19日から23日の5日間、「グローバル・コミュニティ・ウィーク2017」を開催し、総額およそ1,259,702円の寄付(チューリッヒ運営の財団法人からのマッチングを含む)と、347枚のバースデーカードと225個のメダルを寄贈したことを発表しました。

「グローバル・コミュニティ・ウィーク」は、チューリッヒ・グループが世界210以上の国と地域で、一斉にボランティア活動を行う社会貢献活動週間です。チューリッヒ生命日本支店では、募金活動や小児ガンの子供達へのサポートなど、以下のような支援プログラムに参加しました。
(1)チャリティ・スイーツ・デイ: 地域の障がい者就労支援施設から購入したお菓子を社員向けに販売し、寄付を募りました。寄付総額は329,851円となりました。
(2)ビーズ・オブ・カレッジのプログラムによる活動: 社員が特別なビーズを購入し、メッセージを添えて子どもたちに寄贈しました。ビーズの売上金300,000円を寄付しました。
(3)Shine On! Kidsセッション: 社員および家族などが、闘病中の子どもたちへ347枚のバースデーカードと225個の退院おめでとう!メダルを作成し、寄贈しました。